ブリタ ボトル型浄水器マイクロディスクフィルターのお手入れ方法

スポンサーリンク

我が家で大活躍している

 

”ブリタ ボトル型浄水器アクティブ”

 

水を意識的に飲む生活をはじめていますが、こころなしか体の調子が良いような気がします。

 

一番活躍している場面はやはり運動時ですね。僕たち夫婦は健康のためにウォーキングをしていることから水分補給が必須です。

 

そして、何と言っても簡単に水道水が美味しく飲めるこのブリタ ボトル型浄水器アクティブ最近購入した物の中でもベスト3に入るほどです。

 

 

そんなブリタボトル型浄水器アクティブですが、一つ分からないことがあって悩んでいました。

 

それは、一日使い終わったボトルを洗浄する時にボトルから外したマイクロディスクフィルター(カートリッジ)のお手入れ方法です。

 

 こんな人に読んでもらいたい
・ブリタ ボトル型浄水器アクティブを使っている人
・マイクロディスクフィルターのお手入れ方法を知りたい人

 

スポンサーリンク

 

 

ブリタ ボトル型浄水器アクティブ

ブリタ ボトル型浄水器アクティブは携帯型のボトル浄水器です。

 

日常から運動時に至るまで幅広く使える、このブリタ ボトル型浄水器アクティブは普通の水道水を手軽に簡単に美味しい水に替えてくれる簡易浄水器。

 

あわせて読みたい

【関連記事】

手軽に簡単に美味しい水を飲もう⤵

BRITA ボトル型浄水器を使って美味しく水道水を飲もう - ちゃちゃの備忘録的なブログ

 

 

ブリタ ボトル型浄水器アクティブには高性能フィルターが付いている

いたって普通の水道水が美味しくなる秘密は、このボトル型浄水器アクティブに装着しているマイクロディスクフィルターのお陰。

 

このマイクロディスクフィルターを使った浄水技術で150リットルの水を約4週間に渡ってろ過してくれるんですね。

 

マイクロディスクフィルターの凄いところ
  1. 塩素など味に影響する物質
  2. 30㎛以上の微粒子
  3. 殺虫剤、除草剤、関環境ホルモンなどの微量な不純物

 

ブリタ ボトル型浄水器 アクティブ| BRITA®

 

上記のようにマイクロディスクフィルターが色んなものをカットしてくれるからこそ美味しい水が飲めるんです。

 

ちなみに、人間に必要なミネラルはそのまま通過してくれます。

 

 

ブリタ ボトル型浄水器マイクロディスクのお手入れ

当然ですが、我が家では使い終わったボトルは一日の終わりに洗浄しています。

 

ボトルを分解して通常の中性洗剤で洗っているのですが、どうしても一つだけどうすれば良いのか分からないことがあるんですね。

 

それは、ボトル本体を乾燥機で乾かしている時に本体から取り外して暇を持て余している、高性能フィルターであるマイクロディスクフィルターをどうするかです。

 

そのままむき出しでキッチンに置いておくのも不衛生ですし、ネットでググっても出て来ないんです。

 

アクティブに使いたいからブリタの水筒型を選んだのでフィルターの手入れは気になる

家庭で普通に使うタイプのブリタ浄水器もありますが、どうやらこちらのフィルターは時期が来たら交換と言うタイプです*1

 

しかし、持ち運べてスポーツなどアクティブに使いたいからこそ購入した水筒タイプなので、使用後のフィルターをどう扱えば良いのかは非常に気になるところです。

 

ブリタ カスタマーセンターに問い合わせてみた

きっと同じような悩みを持っている人がいるだろう?と思いブリタのカスタマーセンターに問い合わせてみることに。

BRITA カスタマーセンター

製品、浄水性能、BRITA Clubについてご質問がある場合:

TEL:0570-001-179

通話料はお客様負担

10:00~17:00(土・日・祝日を除く)

 

結論から言うと

 

ボトル本体を洗浄している最中にボトルから外しているマイクロディスクフィルターをどのように扱うか想定していなかったようです…

 

ブリタ カスタマーセンターの返答

受話器を耳に当てている女性

 

カスタマーセンターのお姉さんは丁寧に答えてくれましたが、僕がボトル本体を乾燥させている時に外しているマイクロディスクフィルターの扱いを教えて欲しいと聞くも

 

「洗浄が終ったボトルに再びマイクロディスクフィルターを装着していただければ」

 

と答えるのみ(泣)

 

なので、何度も同じことを聞くようですけど…って丁寧に質問するも、同じく丁寧に同じ内容を答えるだけなんです。

 

カスタマーセンターのお姉さんが言うには、ボトル型浄水器はボトルを洗ったあとは直ぐに再び使うと言う前提なようなんですね。

 

しかし、僕の使い方は一日使ったボトルは綺麗に洗浄して、使うのは翌日なんです。

 

そのことを何度となく使えるも返事は同じで…

 

このままでは、まるで僕がクレーマー(笑)みたいになってしまうと思い、逆にどうすればマイクロディスクフィルターの清潔を保つことができますか?と聞いたところ…

 

清潔なラップに包んでもらうか、清潔なお皿に乗せてラップをしてみてはどうでしょう?と提案されました。

 

マイクロディスクフィルターはラップに包めばOK

カスタマーセンターのお姉さんのお墨付き?をいただいたので、我が家ではボトル本体を乾燥させている最中のマイクロディスクフィルターは清潔なラップに包んで明日に備えるということになりました。

 

もちろんマイクロディスクフィルターを取り扱う時は清潔な手で扱いますが、お手入れをしようと何か洗剤をつけるようなことはしないでください!

 

そう言った意味では特別なお手入れ方法があるわけではないようですね。

 

要するに、大切なフィルターであるマイクロディスクフィルターを清潔ではない場所、ましてやホコリなどが付かないようにしてくださいねと僕は理解しました。

スポンサーリンク

 

 

週に1回のマイクロディスクフィルターのお手入れ

今までは、ボトル本体を乾燥させている時のマイクロディスクフィルターをどうするのか?と言った話しでしたが、それとは別にブリタ公式から推奨されていることが取扱説明書に書いています。

 

取扱説明書には

  • 常に清潔な状態に保つために、MicroDiscを毎週、清潔なコップの中に入れて、沸騰したお湯を注いで熱湯消毒することをお勧めします。
  • スプーンで押さえてMicroDiscが熱湯に沈むようにしてください。
  • 5分後、MicroDiscを浄水器に再度取り付けることができます。

 

上記のように毎日お手入れするわけではなく、週に一度はマイクロディスクフィルターを熱湯消毒する方が良いようですね。

 

ブリタ ボトル型浄水器 アクティブ| BRITA®

リンク先の下部に取扱説明書のPDFがあります。

 

ブリタのフィルターお手入れは思ったよりも簡単だった

当初は神経質に扱わないといけないのかな?と思っていましたが、コールセンターの人の助言を聞く限り清潔に保てば良いの一言で片付いたような気もします。

 

  • 清潔な手でフィルターをラップに包む
  • 週に1回は熱湯消毒を行う

 

美味しい水を飲むためにする労力と考えるならば、実は特別そんなに難しいことではないとも思えます。

 

さいごに

みなさんの使い方がどうなのか分かりませんが、まさかブリタ公式ではボトル本体の乾燥中のマイクロディスクフィルターをどう扱うか決まっていなかったとは…。

 

僕と同じようにブリタ ボトル型浄水器アクティブを使っていて、マイクロディスクフィルターのお手入れ方法が分からず迷っている方は参考にしてもらえればと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

*1:ブリタ公式では4週に1回交換を推奨