ちゃちゃの備忘録的なブログ

【ブログで収益】もしもアフィリエイトに登録してみよう

みなさんこんにちは。

 

最近いろんな人のブログを見ていると「Googleアドセンスの広告を貼ってるな」とか「Amazonの広告リンク貼ってるな」等に気づくようになりました。

ブログを始めてからモチベーション維持のためにGoogleアドセンスに挑戦したところ、悪戦苦闘しながらもなんとか合格することができました。何度も不合格メールをもらい、心折れそうになりながらも何とか乗りきった感じです。

chacha-cat.hatenablog.com

 

その後、もっと僕のブログを読んでもらいたいと思い「にほんブログ村」に登録をしました。にほんブログ村に登録した結果、劇的にPV数が増えたわけではないですが、以前よりも少し数が増えたのは事実です。

これからも、にほんブログ村からの流入に期待しながらブログを書き進めていきたいと思っています。

chacha-cat.hatenablog.com

 

そして、今回は新たにASPに登録してみたいと思います。 

ASPとは

色んな人のブログを読んでいると本や日常雑貨など、リンクを貼って紹介しているのを見ますよね。何気に「こんなことやってみたいなぁ」と思っていましたが、なかなか自分には難しそうでビビっていました。

リンクを貼り商品を紹介して報酬をもらうためにはASPアフィリエイト、サービス、プロバイダー)に登録しなくてはいけません。ASPに登録した後、ブログで商品リンクを貼ることで報酬につながるのです。

ちなみに、このASPサイトは沢山あるので自分にあったASPに登録するこをお勧めします。

 

f:id:chacha-cat:20210508151251j:plain

Googleアドセンス

Googleアドセンスはブログを始めた方なら、多くの人が挑戦すると思います。

このGoogleアドセンスはブログ上に広告を貼り、ブログを見にきてくれた人が広告をクリックすることで報酬が発生する仕組みです。比較的報酬を得るためのハードルは低いのですが、その分報酬も低いです。

僕もアドセンス広告を貼っていますが、教えるのが恥ずかしいほどの額です。毎日たくさんの人が訪れるサイトだと、それなりになると思いますが、僕のようなまだまだ弱いブログですと…これからの努力が必要ですね。

 

アフィリエイトサービス

ブログ上に広告や商品リンクを貼るのですが、Googleアドセンスと違いクリックするだけでは報酬は発生しません。サイト訪問者に商品を紹介したリンクをクリックしてもらい、かつ商品を購入してもらわないと報酬は発生しないのです。

商品の紹介になりますと、その商品によっては金額が高額になることもあると思います。そうなると、いかにサイトを訪問してくださった方に魅力あるプレゼンテーションをするのかが決め手になります!

また、購入する商品の単価が高ければ高いほど、クリックして購入してもらえるまではハードルが高くなってしまいます。その辺りがGoogleアドセンスとの違いになります。

 

もしもアフィリエイト

たくさんあるASPですが、僕が今回お勧めするのは「もしもアフィリエイトです。いろんなブロガーさんが紹介していたのと、もしもアフィリエイトの存在を知る前から色んなブログで見たことがあるからでした。

こういったの見たことありませんか?

 

こういった商品リンクやってみたいなぁ、と思っていたところコレがもしもアフィリエイトだと知り早速登録してみることにしました。

 

もしもアフィリエイトがお勧めな理由としては、Amazonと提携しやすいことがあります。自身のブログにAmazonの商品リンクを貼って報酬を得るためには、Amazonの審査に合格し提携しなければなりません。しかし、このAmazonと提携するには、いろんな人のブログを見る限りかなりハードルが高く大変そうです。

しかし、このもしもアフィリエイト経由ならばAmazonと提携(同じく審査はあるが通りやすい)しやすいというのをよく耳にします。例えば「Amazonの審査に落ちたけど、もしもアフィリエイト経由だと審査通った」などです。

また、Amazonと提携後、自身のブログに商品リンクを貼るのも簡単にできるので非常に便利です。

 

登録方法

まずは、もしもアフィリエイトのメインページに行き会員登録する(無料)をクリックして会員登録を始めます。

f:id:chacha-cat:20210507163753p:plain

 

ステップ1

下記のような仮登録画面になるので、連絡が取れるメールアドレスを入力し、その後確認メールを送信をクリックします。

f:id:chacha-cat:20210507164343p:plain

 

ステップ2

その後、登録したメールアドレスにメールが届くので下記のURLをクリックし、本登録へと進みます。

f:id:chacha-cat:20210507165518p:plain

ステップ3

その後、アカウント情報を入力し、ユーザー情報入力画面に進み入力していきます。

これらは画面通りに入力すればいいので簡単にできると思います。

 

  • 名前
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 会社名(個人やフリーランスは記入しなくても良い)

 

ステップ4

入力したアカウント情報とユーザー情報の確認画面に移ります。

下記の利用規約を読んだ後に、利用規約に同意して登録するをクリックします。

 

ステップ5

このような画面になり登録が完了します。

f:id:chacha-cat:20210507171027p:plain

 

ステップ6

その後、登録したメールアドレス宛にメールが届きますので、そこからもしもアフィリエイトのトップページに進むことができます。

そこで、マイページに進みマイページ→メディア一覧→メディア登録の順番で進みます。そこに自身が運営しているwebサイトを登録していきます。

 

  • URL
  • メディア名(またはアカウント名)
  • カテゴリ
  • 月間ページビュー・再生数(適当でいいです)
  • おすすめプロモーション(すぐに提携できるプロモーションです。提携したいプロモーションがあればチェックを入れます)
  • その後、メディア登録ガイドラインの確認(たくさんあるので、しっかりと読みましょう)
  • 一番下の確認画面へをクリック

 

ステップ7

その後、メディア登録確認に移りますので入力した内容を確認します。間違いなければ上記内容で登録するをクリックして終了です。

 

さいごに

みなさん、どうでしたか?

僕は数あるASPの中でも、もしもアフィリエイトしか登録したことがないので、他のASP登録の方法はわかりませんが、かなり分かりやすかったと思います。

ASPには興味あるけどまだ登録していない方がいらっしゃいましたら、ぜひこのタイミングで、もしもアフィリエイトに登録してみてはどうでしょうか?

 

それでは。

 

 

よろしければ読者登録お願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

【パニック障害 体験記 #15 理由を探して】

車に乗り込もうとドアを開けると、車内からムワッとする重い空気が流れ出てきた。季節は七月の初旬ではあるが、爽やかな天気とは裏腹に炎天下に駐車していた車内には不快な温もった空気が充満していた。

 

車内に乗り込んだ僕は、この温められた空気に耐えられず、すぐに窓を全開にした。

 

キーを回すと、わずかに感じる振動とともに勢い良くエンジンが回り始めた。少しでも早くこの場から離れたい僕は、すぐさまシフトをバックに入れ駐車スペースからその場を離れ道路へと向かった。

 

右ウインカーを出して早く帰路につきたかったが、こういった急いでいる時ほど車の流れが止まらない。ルームミラーに会議室がある建物が映ると急に動悸が激しくなってきた。

 

「大丈夫、もうあそこに戻らなくていいんだ」

 

そう自分に言い聞かせ、車両の流れが途切れたタイミングで右折し会社へと向かった。しばらく車を進めると、さっきまでドキドキしていた動悸が弱くなっていくのが分かった。自分にとって恐怖の場から遠ざかることで僕の頭の中は安心の文字でいっぱいになっていた。

 

五分ほど車を走らせると街から離れ郊外に向かうことになる。ここまで来ると完全に気持ちは晴れている。きれいな川を見ながら青空を眺める余裕すらある。あれは一体何だったんだろうか?そして、今は何で苦しくないんだろうか?大きな川沿いを走らせながら、さっき自身に起こったことを考えてみた。

 

ひと月前の研修でもそうだったが、よく考えると今回もシチュエーションが似ていることに気づいた。研修では研修室に入り出られなくなった状況になると気持ちが悪くなり、めまいや動悸そして吐き気が襲ってきた。

今回も同じで、会議室という安易に出られない環境に置かれた直後にめまい、動悸そして吐き気が襲ってきた。

 

「…っと言うことは、何かしら部屋が関係しているのか?」

 

理由は分からないが、ある状況下(会議や研修に参加した時)に身を置くと、どうやらさっき起きたような体調不良が波のように襲ってくるようだ。

 

しばらく車を走らせていると遠くから見たことのある車が接近していることに気づいた。会社の社用車だ。きっと僕と交代で会議に出席するために会議に向かっている社員が載っているんだろう。一体誰だろう?

 

その車が近づいてきた時に乗っているのがN先輩だと気づいた。会社に電話した時は、N先輩が「俺が行くわ」っと言っていたが、まさか本人が僕の代わりに会議に出席するとは思っていなかった。すれ違いざまにお互い手を挙げ「大丈夫か?」「ありがとうございます」と無言の挨拶を交わす。

N先輩は一つ年上だが、入社して以来の付き合いでN先輩の生まれたばかりの子供に絵本を読んであげたり、飲みの席では車で自宅までお迎えに行く間柄だ。正確に言えば上司になるんだが、砕けた間柄でもはや僕が先輩をイジっているほどだ。

 

車で通り過ぎる一瞬だったが、ことの重要性を理解してくれていると確信できる一瞬でもあった。

 

それから五分ほどすると見慣れた会社が見えてきた。

会社の敷地内に入ると急にドッと疲れが押し寄せ、僕の頭の中は安心すると同時にこの一連の謎の体調不良を信じてもらえるか不安でいっぱいになっていた。

 

駐車場に車を止め、歩いて会社の正面玄関に向かうが足取りが重い。

当然、理由を上司に報告しないといけない。しかし、僕の身の上に起きた謎の体調不良を自分でも理解できていないし、ましてや今はその体調不良は起きていない。電話をした時は死んでしまいそうなほどのめまいと動悸、そして吐き気が襲ってきていたのに。

 

信じてもらえるだろうか、不安で仕方がなかった…。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村