今日もボチボチやっていこう

年末になると聴きたくなる曲は未だに”雪が降る町”

スポンサーリンク

いよいよ年末になってきましたね。

 

年末の概念は何だ?と言われても具体的には分かりませんが、僕が言う年末はクリスマスが終ってからが年末です。

 

そんな年末慌ただしい中、僕が年末になると必ず聴いている曲を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

 

年末に聴きたくなる曲

クリスマスの季節は町中にクリスマスソングが流れていましたが、そのクリスマスが終ると一挙に年末モードになって曲風が変わっていくのが面白いです。

 

”この曲を聞くと年末になった”

 

と言うのが人それぞれあると思いますが、あるアンケートによると

年末に聴きたい曲

・silent SEKAI NO OWARI

・ハピネス AI

・雪が降る町 ユニコーン

・ロマンスの神様 広瀬香美

・槇原敬之 北風~君にとどきますように~

・リライト ASIAN KUNG-FU GENERATION

・白い恋人達 桑田佳祐

・時代 中島みゆき

・いつかのメリークリスマス B'z

どれを聞いても年末を感じられる曲がそろっていますよね。

クリスマスの曲として認知されているB'zの「いつかのメリークリスマス」ですが、クリスマスだけに限らず、年末を感じさせる曲になっているのも分かる気がします。

 

雪が降る町

f:id:chacha-cat:20211229140236j:plain

 

そんな僕は学生時代から未だに変わらず、年末になると聴きたくなる曲は

 

ユニコーンの”雪が降る町”です。

 

個人的にはクリスマスとか関係なく12月に入ると聴きたくなる曲ですが、この曲はユニコーンのことを知らない人でも聴いたことがある曲ではないでしょうか。

 

chacha-cat.hatenablog.com

 

前に書いた、久しぶりのオリジナルラブは最高だったと言う記事の中にもユニコーン(奥田民生)のことを書いているのですが、何とも言えない緩い感じの曲風が好きなんです。

 

雪が降る町(歌詞)

 

だからキライだよ こんな日に出かけるの

人がやたら歩いてて 用もないのに

今年は久しぶり 田舎に帰るから

彼女になんか土産でも どんなもんか

 

人もけしきも 忙しそうに

年末だから ああ

 

僕らの町に 今年も雪が降る

見慣れた町に 白い雪が つもるつもる

あと何日かで 今年も終わるから

たまには二人で じゃま者なしで

少し話して のんびりして

 

人も車も へり始めてる

年末だから ああ

 

僕らの町に 今年も雪が降る

いつもと同じ 白い雪さ つもるつもる

あと何日かで 今年も終わるけど

世の中は 色々あるから

どうか元気で お気をつけて

 

参照:ユニコーン 雪が降る町

 

ユニコーンのことを知っている人は分かると思いますが、この曲はユニコーンらしくないと言うか、少しセンチメンタルな雰囲気を感じさせます。

 

年末という慌ただしい中、久しぶりの実家への帰省。たまには二人でじゃま者なしでというフレーズから、いつも忙しくてゆっくりできていない雰囲気がうかがえます。

 

年末特有の人や車の少なさの中に降ってきた白い雪が、より年末の何とも言えない物寂しい雰囲気を出していますが、最後には優しい労わりの挨拶で終わる。

 

29年前に作られた曲ですが、コロナの猛威が少し弱まった今(新たな株が出てきましたが…)久しぶりに実家へ帰る人たちの気持ちを代弁しているような歌詞にも聞こえます。

 

さいごに

アップルミュージックやスポティファイなどのサブスクではなくて、あえて昔買ったCDで聞くのが僕にとっての年末行事になってます。

 

年末というどこか物寂しい季節に、雪が降る町を聴いたことがある人は久しぶりに。また聴いたことが無い人はこの際聴いてみてはいかがでしょうか。

 

 

世の中は色々あるからら

どうか元気でお気をつけて

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村