炊き込みご飯はおにぎりにすると2倍美味しくなる

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

やっと秋らしい日が続くようになって、朝晩は冷え込みますが日中は過ごしやすいです。

 

秋になると我が家では炊き込みご飯を作る率が高くなるのですが、あくまで僕調べによるとお茶碗で炊き込みご飯を食べるよりも、翌日に残りの炊き込みご飯をおにぎりにすると2倍美味しく感じるんです。

 

今日はそんな炊き込みご飯をおにぎりにすると2倍美味しくなる理由に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

 

 

日本の四季は食材の宝庫

知ってる通り日本には四季があって、それぞれの季節には美味しい食べ物がありますよね。

 

特に野菜などは最近ではハウス栽培で年中食べられることも多いですが、やはりその季節に食べたい旬な食材もあります。

 

こだわり野菜が生産者から直接届く食材宅配サービス「食べチョク」はこちらから

 

春の食材

海の幸

  • かんぱち
  • かつお

 

野菜

  • 新たまねぎ
  • 春キャベツ
  • たけのこ

 

夏の食材

海の幸

  • あじ
  • たこ
  • キス

 

野菜

  • とうもろこし
  • トマト
  • 枝豆

 

秋の食材

海の幸

  • 秋刀魚
  • 太刀魚
  • あゆ

 

野菜

  • サツマイモ
  • れんこん
  • ほうれん草

スポンサーリンク

 

 

冬の食材

海の幸

  • ぶり
  • あんこう
  • わかさぎ

 

野菜

  • 大根
  • 白菜
  • カブ

 

豊富な秋の食材

どの季節にも美味しい食べ物はありますが、個人的には秋の食材を使った料理が全ての季節を通じて美味しい気がします。

 

理由としては、秋を迎える前の季節である夏はどうしても食欲が落ちてしまう時期でもあるので、その反動もあって秋は特に美味しく感じるんだと思います。

 

こだわり野菜が生産者から直接届く食材宅配サービス「食べチョク」はこちらから

 

秋に食べたい料理

そんな秋に食べたい料理は沢山あるんですが、なかでも

  • 秋刀魚の塩焼き
  • 焼き芋
  • 新米
  • キノコ類

 

以上4つは絶対に秋には欠かせない料理だと個人的には思っています。

 

炊き込みご飯

そんな新米とキノコ類をふんだんに使った料理が

 

”炊き込みご飯です!”

 

ごはん好きの僕としては年中食べていたい料理でもあるのですが、特に秋になると炊き込みご飯が食べたくなります。(実際は季節に関係なく炊き込みご飯が好きなんですけどね)

 

食材を一つ一つ用意してから作るのもいいですが、簡単にごはんと混ぜるだけで美味しく作れる炊き込みご飯の素も種類が沢山あって豊富です。

 

炊き込みご飯を作る時の参考にしてみてはどうでしょうか⤵

 

 

 

炊き込みご飯はおにぎりにすると2倍美味しい

タイトルにも書いたように炊き込みご飯はなぜかおにぎりにすると2倍美味しく感じるんです。…いやっ美味しいんです!!

 

例えば夕食に炊いた時は普通にお茶碗で食べるんですが、翌日のお昼あたりに余っている炊き込みご飯をおにぎりにすると

 

”昨日より絶対美味い!”

 

味は変わっていないはずなんですが、思わず窓を開けて叫びたくなるほど美味いんです。

 

しかも、炊き込みご飯は普通の白米とは違って粘り気が少ないので、綺麗におにぎりを作ることができないんです。その無駄な労力も含めて

 

”2倍美味しいんです”

 

もちろん、炊き込みご飯の素を使って作っても美味しいですが、旬な食材を購入して作る炊き込みご飯も当然美味しいです。

また、生産者から直送してもらえる新鮮かつ安心安全な食材もあります。

興味ある方は下記バナーへどうぞ

⇩⇩⇩

 

さいごに

この絶妙に伝わらない感じは僕自身も分かっていますが、何とかみなさんに伝えたくて(笑)

 

同じ食べ物なのに食べ方を変えるだけで違う感じになるのは不思議ですが、きっとこういった感じの食べ物って他にもあると思うんです。

 

アホだなぁと思われているあなた。

 

信じられないかもしれませんが、是非一度やってみてください。

 

僕の言いたいことが伝わるはずです。

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村