今日もボチボチやっていこう

続・再び深夜に呼吸の方法を忘れる

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

季節の移り変わりが激しく、朝夕の気温が低くなってきてきましたよね。

寝る時の部屋は若干暑いんですけど、エアコンをつけるまではいかないですし窓を開けるには少し寒いんです。

 

真夏のような寝苦しい夜ではなくなってきたので眠りやすい季節になってきましたが、昨夜不思議な経験をしました。

 

7月の終わりに”呼吸の方法を忘れた⁉”と言う記事をブログに投稿したのですがそれと同じようなことが再び起こったんです!

 

chacha-cat.hatenablog.com

 

昨日も本に夢中になってしまい、途中途中に居眠りをしながらも2時過ぎまで起きていました。さすがに遅くなってしまったので寝ることにしたのですが、ちょうど1時間後の深夜3時過ぎに不思議な感覚で目が覚めました。

 

不思議な感覚とは前回の記事と同様に”息が吸えない感じ”なんです。

 

正確に言うといつも当たり前のようにしている呼吸ですが、この時に限ってはその呼吸ができない感じです。

 

鼻から空気を吸い込もうとしても入ってこない。

 

決して風邪を引いて鼻が詰まっているとかではなくて、呼吸をするもなぜか鼻から空気が入ってこない状態と思ってもらえればいいと思います。

 

f:id:chacha-cat:20211014141737j:plain

 

口で呼吸すればいいのですがその時は軽く焦っているので

 

「あれっ、呼吸ができない!」

 

と必死に鼻から呼吸をしようと繰り返していました。

 

それまでは半分寝ている感じでしたが、徐々に息苦しくなってきて完全に目が覚めてしまい上半身を起こすことに。

 

落ち着こうと呼吸を整えようとしますが、変わらず呼吸は不十分なままです。

 

胸がドキドキして呼吸が荒くなったことから脳に酸素が行き届いてないようで、立ち上がると少し立ち眩みが襲ってきました。とりあえず水でも飲んで落ち着こうと思い台所へ向かいましたが、足元はフラフラです。

 

台所でコップに水を注ぎ勢いよく飲み干したところ若干の落ち着きを取り戻したので、寝室に戻ることに。

 

多少フラフラしつつも横になって寝る体制をとりましたが、まだ呼吸は苦しいままです。

 

目を閉じて呼吸を整えよとうしますが、今までできていた呼吸ができません。

 

スポンサーリンク

 

 

徐々に正常な呼吸ができないことに焦りを感じてきましたが、吸い過ぎない呼吸を意識して(吸うよりも吐くことに意識を集中する)深呼吸を繰り返していたらいつの間にか眠っていました。

 

今思えばパニック発作の時と非常に似ている症状だったので、もしかしたら寝ている時に無意識に過呼吸になっていたのかもしれません。

過呼吸の時の息苦しさとパニック発作の症状は、経験上似ているのでその可能性が高いです。

 

前回同じようなことが起きた時も似たような時間でしたし、本を読んで寝るのが遅かったことから何かしら因果関係があるのかもしれませんね。

 

僕は、心霊とかオカルト系は信じていないので(怖いので信じたくないが本音かも)そう言った類では無いと思っていますが、前回と同様なぜ深夜の2~3時頃に謎の現象が起きるのか不思議でたまりません。

 

結局、朝は何ともなく起きれましたし体調も悪くないので安心ですが、深夜の呼吸困難は相当焦るので勘弁してほしいです。

 

いつもこんな遅くまで起きている訳ではないですが、これを機に正しい生活リズムに戻さないといけませんね。

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村