今日もボチボチやっていこう

偶然の奇跡!姉弟の脳はシンクロしているのか?

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

まだまだ暑いですね。

 

今日は少し前に起きた驚異のシンクロ体験をお話ししたいと思います。

 

今月20日(金)にコロナワクチン接種がありました。

パニック障害を患っている僕は予約した1か月前から前日、そして当日と明らかな予期不安に悩まされたのですが、そのワクチン接種に関することです。

 

以下の4つの記事がコロナ4部作になります 

chacha-cat.hatenablog.com

  

chacha-cat.hatenablog.com

 

chacha-cat.hatenablog.com

 

chacha-cat.hatenablog.com

 

 

コロナワクチン接種に関しては、全国でも「接種券が届いていない」「ワクチンが足りない」「年齢が該当しない」等の様々な問題が起きています。

 

そんな中、僕は先月の7月中旬に地域の個人病院で受けることができるワクチン接種の予約をしました。

 

そして、約1か月後の8月20日(金)に無事接種完了。

 

僕には4つ上に姉がいて他府県に嫁いでいます。

毎年、お盆や年末年始には実家に帰省した姉家族も集まりワイワイしていたのですが、ご存じの通り新型コロナの影響で2年ほど会っていません。

 

その姉にワクチン接種をした夜に「ワクチン接種をしたよ」と電話をしてみたんですね。

 

すると姉から

 

「えっ⁉ 私も今日、ワクチン接種したよ」

 

と、まさかの同じ日に全く違う地域に住んでいる姉弟が、今なかなかスムーズに予約できないワクチン接種をしたんです。もちろんお互い1度目です。

 

しかも、お互いにファイザー製。

 

と言うことは次回のワクチン接種は3週間後の9月10日です。もちろん姉弟揃って同じ日に。

 

スポンサーリンク

   

よく、双子は脳がシンクロして、お互いの考えが分かるとか似たような判断をすると聞きますが、僕たちは双子でもなく普通の姉弟です。

 

特別仲がいいわけではないですが、いたって普通の仲です。

 

副反応としては、僕が少し微熱が出たのと患部の痛み倦怠感と頭痛でしたが、姉は患部が痛いだけのようでした。

 

痛みだけだった姉はなぜか、自分が勝ったという謎アピール。

弟と言うのは昔から姉の”いい遊び相手兼召使”なことから、変に歯向かうことはせず「はいはい」ぐらいで謎マウントを乗り切りることに成功。

 

こんなにワクチン接種の予約が厳しい時期に、姉弟が別々の場所で同じ日に同じ製薬会社のワクチンを接種できたという何とも不思議な出来事でした。

 

姉を持っている弟というのは、先ほども言いましたが完全に遊び相手であり召使なんです。きっと姉がいる人は分かってくれると思うのすが。

 

つまり、小さな時から姉の許可が必要な場面が多くあったわけで、今回は知らず知らずのうちに持っている最大の力を発揮して、僕が一足先にならないようにシンクロさせて同日にしたんじゃないかと思ってます。

 

まっ、知らんけど(笑)

 

今回は、そんな偶然があったことの報告でした。

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村