今日もボチボチやっていこう

【プロ野球】中田翔選手の暴力問題の果てにあるケジメのつけかたとは

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

今日は最近ニュースになったプロ野球における暴力問題について取り上げたいと思います。

 

このニュースを聞いた時に思った未来像と現実に今起きている結果が、余りにも乖離しているのでずっと気になっていました。

スポンサーリンク

 

 

野球が好き

まず、初めに伝えたいのは僕は大のプロ野球ファンです。

もちろん好きな球団や嫌いな球団もありますが、それ以前に野球自体が好きなんです。好きな球団が勝てば喜びますし負ければ気分がどんよりしいてしまいます。

 

その野球が好きな僕がどうしても腑に落ちない結果になっているので、僕の私見を記事にしたいと思います。もちろん、僕と意見が違う人がいるのは理解していますので、こういった意見もあるという気持ちで読んでもらえたらと思います。

 

暴力問題 

何があったのかはネットニュース等を見てもらえれば詳しく掲載されているので省略しますが、簡単に言うと”元”日本ハムの中田翔選手が同僚の選手に対して暴力行為を行い無期限の出場停止処分を受けたという話です。

 

これだけであれば、プロ野球でもまだまだこんな古い体質ってあるんだなぁ…と思うぐらいなのですが、この話しはソコではなくてむしろ”その後”のことに問題を感じるんです。

 

巨人へ無償トレード 

結果からすると、中田翔選手は暴力沙汰を起こしてからわずか9日後に巨人へ無償トレードされたんです。しかも当日に1軍登録され翌日には代打で出場しています。その翌日にはホームランも打って活躍しました。

 

このように実力は申し分なく、これに関してはやっぱり凄いなぁと思うんですが、何か忘れてない?ちょっと前まで無期限の出場停止処分だったはずなのに…。あの出場停止処分はどこにいった?

 

もしかしたら、どこの球団も色んな理由で獲得できなかったのかもしれませんが、このままでは単に”巨人が4番クラスをタダで手に入れた”だけになってしまいます。

スポンサーリンク

 

 

NPB(日本野球機構)は我関せず?

今回、無期限の出場停止処分を下したのはあくまでも前所属の日本ハムなんです。

 

つまり移籍してしまえばその効力は無くなり、移籍後の球団で普通に試合に出られる状況にある訳で、NPBとしては移籍先の巨人が試合に出場させることに関しては何もルールに抵触していないから問題ないとのこと。

 

僕はそもそもここが間違っていると思っていて、NPBが12球団をまとめあげている組織なのであれば、NPBが日本ハムから受けた報告を元に球団もしくは中田翔選手に対して処分を下すのが本来なんじゃないかなと思っています。

 

前球団に所属していた時に下された球団独自の処分だから、その後に移籍した球団では関係ないというNPBの姿勢には唖然というよりビックリです。

 

さすがに全てのことに対してNPBが顔を突っ込むのではなく、暴力行為など場合によっては警察が介入するような問題が発生した時にはNPBが主導し、移籍しようがしまいが処分が適応されるようルールを作らなければ抜本的な解決にならないと思っています。

 

日本ハムからNPBに対しては

 

  • 暴力沙汰があったこと
  • 被害者が事を大きくしたくないと言っている
  • 両人は和解した
  • よって中田翔選手を無期限の出場停止処分にする

 

という内容をNPBに報告したそうです。

結局、このことに関してNPBは中田翔選手に何かを下したわけでなく、日本ハムの判断に任せたわけです。

 

美談にしようとしてる?

巨人がメディアに公開した映像に中田翔選手と原監督が長嶋さんにあいさつをするシーンがあったんです。

 

もちろん、長嶋さんは「頑張って!」とエールを送るのは当然ですが、その間に入って笑顔で中田翔選手を紹介する原監督の姿を見ると、なんだか”これから頑張る中田翔”が全面に出ていて、すごく違和感を感じました。

 

セカンドチャンスは必要

f:id:chacha-cat:20210827155327j:plain

 

僕を含め人間は間違いを犯します。

その間違いを悔いて、自分が犯した罪を償うことで新たな出発ができると僕は考えます。つまり、罪を悔いるチャンスを与えないといけないんです。

 

巨人が中田翔選手を獲得したこと自体が、野球人としてセカンドチャンスを与えたと考える人もいるとは思いますが、このままではセカンドチャンスを与えたことにはなりません。

 

なぜならこの電撃無償トレードで巨人に移籍し、しかも直ぐに試合に出たことで罪を償うチャンス、いわゆるケジメをつける機会を中田翔選手は失ったからです。

 

巨人にトレードしても今シーズンは2軍なり、もしくは1,2軍ともに出場停止であれば日本ハムから処された処分を引き継ぐ形になると思いますが、これがない状況の今では単に巨人は戦力を補強しただけになってしまいます。

 

個人的にはトレードしないのを前提に①日本ハムに在籍したままで記者会見を開きファン及び関係者に謝罪をする*1②今シーズンは日本ハムが下した無期限の出場停止処分を実施する③シーズンオフに契約を解除もしくは信頼を取り戻すため1からやり直す。

 

これが出来ていれば、中田翔選手は将来的に堂々と野球をすることがでるのではないかと考えますが、今のままではどんなに中田翔選手が活躍してもプロ野球ファンはモヤモヤが残るだけです。

 

さいごに

学生の運動部で起きる体罰や暴行問題は社会現象になるほどですが、プロの場合この暴行問題はこんなにアッサリしてしまっていいのでしょうか?

 

プロ野球選手になりたいと思っている子供たちにどう説明するのでしょうか?

 

再出発するためには自身が犯した罪をしっかりと償い、心の底から反省する機会が必要だと考えるので、今回の無償トレードは本当の意味で中田翔選手を助けたことにはなってないと思います。

 

むしろ中田翔選手のケジメをつけるキッカケを奪ってしまったのではないかと考えますが、みなさんはどう思われますか?

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村 

 

 

*1:謝罪会見は巨人に移籍した時に巨人の球団事務所で行われましたが、日本ハムでは行っていません