今日もボチボチやっていこう

【パニック障害】新型コロナワクチン接種を終えて 不安からの解放に喜ぶ

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

昨日、新型コロナワクチン接種を控て久しぶりに予期不安が襲ってきたこと、そして不安でたまらないという記事を書いたのですが、沢山の方に読んでいただいて嬉しいです。

 

不安でたまらないと嘆いた記事はこちらから 

chacha-cat.hatenablog.com

 

また、アドバイスを下さった方もおられ大変心強かったです。

 

そんな中、本日本番を迎えてきました。

 

結果的には無事生還してきました。全くパニック障害にまつわる発作も起きず、病院に入ってから30分で帰ることができました。

 

予防接種を行う病院は何度か行ったことのある個人病院ではあるものの、初めての予防接種ということと、接種後はすぐに帰ることができないというパニック障害持ちが一番苦手な精神的な束縛(自分の意思で外に出られない)に不安を抱いていました。

 

特に僕が一番心配していたのは、万が一安定剤を服用した場合、予防接種は受けられるのだろうか?ということでした。

 

当初は服用する予定は無かったのですが、家を出る10分前にかなりの動悸と不安感が襲ってきて、躊躇したのですが安定剤を服用しました。

 

スポンサーリンク

   

僕自体、この2年間はパニック障害にまつわる薬を服用せずに生活をしていたので、久しぶりの服用になります。効果は抜群で10分後には全く動悸や不安感は無くなりました。安定剤を服用したことで「もう大丈夫」という心理的な安心感も多少はあると思うのですが、こんなに効果があるとはビックリです。

 

この安定剤は去年、免許の更新をするため警察署に行った時にパニック発作が起きたら嫌なので、事前に病院でいただいた安定剤です。結局、この安定剤は服用しなくても乗り切ることができたので、処方されながらも一度も服用していませんでした。

 

免許更新時の記事はこちらから⤵ 

chacha-cat.hatenablog.com

 

予防接種前、先生からの問診時にパニック障害であることと、先ほど安定剤を服用してきたことを伝えました。

 

先生からは特段何か言われる訳でもなく、むしろ

 

「そういった安定剤を持っている人は、服用することで安心できるからね」

 

と優しい言葉をいただいて心底気持ちが楽になりました。

 

このことから、パニック障害のような精神的な病気を持っている人は、躊躇なく先生に伝えるべきだと思いました。パニック障害持ちによくある”パニック障害が恥ずかしくてバレたくない”とう気持ちが反対にパニック発作を誘発させてしまうこともありますから。

 

「何ならベッドで横になりながらでも接種できるけど、どうかな?」

 

その優しさに危うく涙腺が崩壊してしまいそに。

ベッドに横になるのは遠慮させていただいたのですが、「あっ」と言う間に痛みも無く接種は終わり、その後15分間は先生より僕たちのグループ(1グループ6人が接種)に対してワクチンの効果や最近のコロナ事情など分かりやすくお話ししてくださいました。

 

あんなに明るいキャラクターの長嶋一茂さんでも、壮絶なパニック障害との戦いに苦しめられていました。共感できる部分があると思うので是非、一読してみてください

 

きっとワクチンに対して不安を持っておられた方は、このお話をきいて随分と安心されたのではないかと思います。

 

今回はコロナワクチン接種を無事に乗り越えれたお話になりますが、今度病院に行った時から帰るまでの流れを備忘録として記事にしたいと思っていますので、その時にはまたお付き合いしていただけたらと思います。

 

ワクチン接種の副反応の記事はこちらから

chacha-cat.hatenablog.com

 

体験記も書いています

chacha-cat.hatenablog.com

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ パニック障害へ
にほんブログ村