今日もボチボチやっていこう

深夜に現れた驚くべき生物との壮絶な戦いの記録

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

蒸し暑い夜ですが眠れていますか?

僕の住んでいる地域では夜の22時頃を過ぎると室内よりも室外の方が涼しくなってくるので、その時間帯になるとエアコンを切って網戸で寝ています。

 

今までもそうで昨日の夜もそうでした。

 

しかし、アイツが現れるまでは…。

 

前回、深夜に現れた謎の生命体との壮絶な戦いを記録した記事を書きましたが、今回はある意味で前回の恐怖を上回る出来事でした。

 

前回の記事はこちらから

chacha-cat.hatenablog.com

 

エアコンを切って網戸にしてから数時間後の深夜1時半頃。

珍しくうつ伏せで寝ていた僕は、左腰のやや上辺りのお腹に違和感を感じて目が覚めました。違和感というのは何かが体に触れているような感覚。

 

何かがサワサワあたる気がして、スマホのLEDライトを点けて敷布団の上を見てみましたが、当然何もなく”勘違いか”ぐらいに思ってました。違和感を感じる直前まで眠っていたことから再び睡魔が襲ってきて、いつの間にかまた眠りに。

スポンサーリンク

 

それから30分後の深夜2時過ぎ頃、先ほどと同じようにうつ伏せで寝ていたお腹周辺に再び違和感を感じたことから目が覚め、先ほどと同じようにスマホのLEDライトを照らして違和感を感じる部分を確認することに。

 

すると、そこには居てはいけない物体が…

 

なんと、ムカデがいたのです!!

 

僕が感じていた違和感、そしてお腹周辺をサワサワしていた物体は、なんと体長5cmほどのムカデだったんです。

見つけた瞬間、全身が鳥肌に覆われ一瞬気を失いそうなほどの衝撃に襲われましたが、すぐに「何とかしなくては!」と気持ちを切り替えることに。

 

すぐさまティッシュを数枚とり捕まえようとしましたが、ビックリするほど逃げ足が速く何と進む方向にはスヤスヤと眠る奥さんが!部屋の電気をつけようとした一瞬のスキに姿を消したムカデ。

 

気持ちよく寝ている奥さんを起こさずに対処したかったのですが、万が一寝ている奥さんの元へ行ってしまうと大変なことに。すぐさま奥さんに声をかけて起きてもらうことにしました。

寝起きで何が起きたか分からない状態ではあるものの、僕が尋常じゃないほど興奮をしているので、何か良くないことが起きたことはすぐに察した様子。

 

事情を説明して、どこに潜んでいるか分からないムカデを探すために、タオルケットや枕などを確認しながら隣の部屋に移動させ、その間に僕は新聞紙を丸めて棒にして準備よし。

 

枕、タオルケットと順番に確認して残るは敷布団だけ。

f:id:chacha-cat:20210726160548j:plain
 

ゆっくりと敷布団を持ち上げたところ、先ほどのムカデが勢いよく現れ逃走。奥さんに持ってもらっていた唯一の武器である新聞紙の棒を受け取り、ムカデめがけて振り下ろすと見事にヒット。

 

その後、ムカデも何とか逃げようとジタバタするも数枚のティッシュで掴み、ビニール袋に入れた後に蓋を閉じてゴミ箱へ。何とか退治したものの、また出てくるのでは!という恐怖心があったことから、しばらく眠れずにやっと眠れたのは朝方。結局、ほとんど眠れずでした。

 

翌朝、さっそく部屋のディフェンスを強化することに。

近くのホームセンターに行って、ムカデを寄せ付けないスプレーを購入。一番効果のある物を店員に聞き、教えてもらったスプレーをゲット。しかも購入したスプレーは最後の1個だったことから、貴重な1個を手に入れて帰宅。

 

帰宅後、部屋中に散布してとりあえずの安心を手に入れることに成功。

 

ホームセンターでラスト1個だったスプレーは相当な人気らしく、店員によるとしばらくは在庫が無いとのこと。

 

確かに僕の住んでいる場所は田舎ですが、寝てる場所にムカデが出たのは初めてで、奥さんも朝になってから、徐々に昨夜の恐怖を実感した様子でした。

 

実際、今回のムカデはどこから現れたのか分かりません。

前回の謎の生命体といい、今回のムカデといい全く予想していなかった出現に、相当ビックリさせられましたし心臓が止まる思いでした。抜本的な対応が望まれますが、とりあえず今回購入したこの忌避剤の効果が遺憾なく発揮され、再び安眠を取り戻すことができることを切に願っています。

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村