今日もボチボチやっていこう

挨拶から始まる人との距離

スポンサーリンク

みなさんこんにちは。

 

全国的にも梅雨が明け、いきなり夏の暑さの洗礼を受けている感じです。

今日は朝から天気が良かったので、冬物のラグ等を洗濯しに近くのコインランドリーに行ってきました。

 

ところで、みなさんコインランドリー使ったことありますか?

 

毎年、この時期になるとコインランドリーに行ってるのですが、これが凄く便利で有難いところなんです。

通常の洗濯物は家でできるのですが、ちょっとした冬物のラグや布団、また毛布などは家の洗濯機では難しいですよね。仮に洗えたとしても乾燥までさせるのは至難の業です。

 

f:id:chacha-cat:20210719171352j:plain

 

そこで、我が家ではこういった冬物はクリーニングに出すのではなく、コインランドリーを使うことにしています。

 

僕が使ったのは30分で800円の通常コースです。そして、その後に乾燥機で10分100円を40分回して、ちょっと乾きが甘かったので更に20分足しました。

洗った物は冬用ラグ1枚、薄手の毛布2枚、そして大きめのバスタオル1枚です。

 

  • 洗濯:800円
  • 乾燥:100円×60分=600円
  • 計 :1400円

 

洗濯は一度に使用できる量があり、1200円、800円、600円となっていたので、洗濯物の量を考えて800円にしました。

最近では当たり前なのかもしれませんが、洗剤はこちらで準備するのではなく、スタートボタンを押せば勝手に出てくる優れもの。水も温水なので汚れも取れやすくなっています。

 

しかも、乾燥は熱風乾燥なのでダニなどを完璧に死滅させてくれます。

喘息持ちの奥さんには有難い味方です!

 

今回は合計で1,400円でしたが、これを全てクリーニングに出していたら結構な金額になっていたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

  

 

ここで話しは変わると言うか、実はここからがメインなんですが、コインランドリー内の椅子に座って本を読みながら洗濯が終るのを待っていたんですね。すると高齢の女性が来られ、どうやって使うのか壁に貼っている使い方を見ていたんです。

 

他にもコインランドリー内にお客さんがいたんですが、みんな僕と同じように本んを読んだり、スマホをいじってました。

 

顔を上げた僕は、そのご婦人と目が会ったので「こんにちは」と挨拶をするとその女性から

 

「使い方が分からないの、教えてもえないでしょうか」

 

と操作方法を僕に訪ねてきたので、もちろん僕は「いいですよ」と返事をし、そのご婦人が持っている大きめのラグが入る洗濯機を選びました。

 

お金は札が使えないタイプなので、両替機の場所まで一緒に行き、両替した小銭を持って洗濯機に戻り使える状態までしました。

ご婦人は

 

「ありがとうね、助かったわ。じゃあ時間ができたので買い物でもしてきます」

 

と買い物に。

 

僕にとっては簡単なことではあるのですが、やはり高齢の人には少し難しいようです。

f:id:chacha-cat:20210719165829p:plain

 

つい先ほどまで知らない人だった女性が、ちょっとしたやり取りをしただけで全く知らない人から知っている人に変わったようで不思議な感じです。

しかも、しばらくして戻ってきたご婦人が僕にお礼と言ってオロナミンCを1本くれたんです。

 

嬉しかったですね。

今まで飲んだオロナミンCの中で1番美味しかった気がします。

 

色んな事件や事故が毎日報道される中、荒んだ世の中だなぁといつも思ってましたが、こんな近くで人の温かさを感じることができるなんて。

 

挨拶一つで変わる運命もあるかもしれませんね。

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村