当サイトには広告が含まれている記事があります

光回線エリア外の地に住む僕が今後どうするべきか

インターネットを使わない日はない毎日ですが、このインターネット環境も大きく変わってきています。

 

僕の家のインターネット環境は未だADSL

 

そんなADSLも終焉の時が近づいてきており、引き続きインターネットを使うために移行準備をしなければなりません。

 

 この記事でわかること
・光回線エリア外の人がするべきこと
・光回線以外の手段を選ぶ

 

 

インターネット回線とは

読んで字のごとく、インターネットを利用するために必要な回線のことをインターネット回線と言います。

 

ADSL

一般家庭にあるアナログ回線を使って高速なデジタルデータ通信を行う技術です。

 

既存の電話回線を使用することから、導入するためのコストが安く日本全国に普及した方法です。

 

また、この他にもISDNやVDSLなどありますが、今回は省略させていただきます。

 

光回線普及にともなうADSLの終了時期

はじめに説明した通り、ADSLは終了しサービスの提供を終えます。


ADSLサービスを提供している大手にソフトバンクとNTTがあり、それぞれ以下のような予定が組まれています。

終了期限

・Yahoo! BB ADSL:2024年3月末まで

・フレッツ・ADSL:2023年1月末まで

となると、引き続きインターネットを使うためには新たなサービスと契約しなくてはなりません。

 

光回線エリア外でもインターネットを引き続き行うためには

日本全国を”ほぼ”網羅していると言う理由でADSLを終了させるようですが、住んでいる地域によっては光回線がエリア外の方も多いと思います。

 

都会であればほとんど問題になることではありませんが、人口の少ない田舎に行けば行くほどこの問題は大きく深刻です。

 

そこで、継続してインターネットを行うためには大きく3つの方法があるので検討する必要があるので紹介していきます。

 

光回線

f:id:chacha-cat:20220122153204j:plain

 

光回線は光ファイバーを利用してデータ通信を行うインターネット回線です。

 

大きな特徴としては回線速度の速さになります。

 

提供されている光回線の多くは、下り*1最大1Gbpsを実現しており、高速通信を利用できます。

 

通信に制限がないため、気にすることなくゲームや動画を見ることができます。

 

ネックとしては、光回線を利用するまでに必要な工事に時間がかかるため、すぐに利用できないことです。

 

特に毎年、引越しのシーズンとなる年度末あたりは、工事予約が殺到することから早めの準備が必要になります。

 

また最近では部品の品薄に伴い工事に遅れが出てきて、早めの予約が必須とのニュースも聞くほどです。

 

工事がどれくらいかかるかは、各サービス提供企業によって違うので確認してみるのも良いと思います。

 

au ひかり×@TCOM キャッシュバックキャンペーン中

 

WEB申込キャンペーン 【eo光】

 

フレッツ光コラボ

 

※各サービスともにキャンペーンを開催している期間もあるので、キャンペーンを上手く利用するのが理想です。

 

※キャンペーンは予告なく終了することがあります。

 

ポケットWi-Fi

ポケットWi-Fiは持ち運びできるWi-Fiルーターです。

 

特徴は持運べることなので、外出先にインターネット環境がなくても、インターネットを利用することができます。

 

特にスマホなどは契約している内容によって、使用できるデータ通信が決まっていたりしますので、通信制限がかかってしまった時などには便利です。

 

しかし、そんなポケットWi-Fiも契約によって使える月々のデータ通信量が決まっており、使いすぎると通信制限がかかってしまいます。

 

ホームルーター

ホームルーターはポケットWi-Fiの据え置き型です。

 

こちらは自宅のコンセントに電源ケーブルを差し込んでしまえばすぐに使用できます。光回線の時と違って工事が必要ないのが楽な部分です。

 

ドコモのスマホが毎月安くなる!【GMOとくとくBBのドコモhome5G】

 

Vision WiMAX

 

しかし、ホームルーターは無線通信になるので安定性に欠けてしまい自宅の環境によっては速度が大きく低下してしまうこともあります。

 

もちろん、ポケットWi-Fiのように充電して使うわけではないため、持ち運んでの使用ではなく、あくまで据え置きでの使用になります。

スポンサーリンク

  

 

光回線エリア外の地に住む人はどうするべきか

f:id:chacha-cat:20220122153821j:plain

 

ADSLが終了し引き続きインターネットを使用するためには、先ほど説明した通り新たにサービスを契約しなくてはなりません。

 

当然選択肢の上位にくるのが光回線を使ってのインターネット利用になるわけですが、僕が住んでいる家を調べると…

 

"サービス提供範囲外です"

 

ちなみに、光回線でよく耳にする「フレッツ光」ですが、全国90%以上を網羅しているそうです。

 

日本に住んでいるほとんどの人がサービス提供エリア内にいることになっていますが、僕の住んでいる地域は提供エリア外。

 

90%以上網羅しているのに、残り10%に当てはまるなんて寂しすぎます。

 

ネットで提供エリアを見ると、提供していることにはなっていますが、詳細な住所を入力すると先ほどの文字が出てきて門前払いです。

 

ちなみに、コロナ騒動で自粛期間が増え始めた1年ぐらい前に、僕もYouTubeをやってみようと思い、実験的に10分ほどのゲーム実況をしてみました。

 

編集して「さぁアップロードしよう!」とアップロードしたところ、パソコンの画面に出るアップロード終了までの時間に、まさかの8時間!!

 

これは無理だと思いすぐにキャンセルしたんですが、この時から今日まで光回線にしたいと思い続けています。

 

さいごに

昔、テレビを見ていて「来週の放送予定ですが、一部地域では放送されません」のテロップが出た時には「かわいそうな人がいるんだねぇ、見れるのが普通でしょ」と他人事のように思っていましたが、まさか自分がこんな形で一部地域になってしまうとは…

 

以前、政府は”地域差による情報弱者は改善する必要がある!”と言っていましたが、実際は田舎に行くほど情報弱者は多いと感じています。

 

その田舎に高速回線が無く、あくまで代替え的な物を使用しろ!と言うのはちょっと言ってることと、やってることが違うんじゃないの?って思ってしまいますよね。

 

とりあえず、もうしばらくの間はこのADSL環境で戦えますが、早くサービス提供エリア内に入って快適なインターネットライフを満喫したいです。

*1:ダウンロード

プライバシーポリシーお問い合わせサイトマップ