枕が合わないことが定期的に起こる謎

スポンサーリンク

昨日、今シーズン初の蚊の襲来にあったんですが、その話を奥さんにしたところ、昨日の朝(蚊に襲われた翌朝)蚊のようなフォルムをした小さな虫を見つけてやっつけたと教えてくれました。

 

僕の知らないところで、奥さんが仇を討ってくれていたとは!

ありがたい限りです。どうりで昨夜は蚊に襲われずに眠れたわけです。

 

朝まで眠れたという話つながりで、以前から気になることがあるんです。

 

それは”枕”です。

 

僕が好む枕は、柔らかすぎず硬すぎず。
ものすごく抽象的なのですが、その通りなんです。

 

しかも不思議と、定期的に必ず枕が合わなくなるんです。

 

 こんな人に読んでもらいたい
・枕が合わない
・全く眠った気がしない

 

スポンサーリンク

 

 

枕が合わない

読んで字の如く枕が合わないんです。

 

だからと言って常ではなく、定期的に合わなくなるという謎にここ数年の間悩まされています。

 

今までいくつもの種類の枕を試してみましたが、初めは「これだ!」と思う枕に出会っても早くて数日、遅くても数週間後には首が痛くなると言うループ。

 

ベストな枕が見つからない

では、どんな枕が理想なのかと言うと”一般的な”を大前提にすると、ホテルに置いてある枕は柔らかすぎて苦手で、反対に旅館に置いてある枕は固すぎるんです。

 

分かってくれる人はいると思うんですけど、ちょうどその間がベストなんです。

 

既に処分してしまった、子供のころに使っていた枕が今思えば最適な気がします。

 

今使っている枕は薄い感じなんですが気にならない範囲で、高さが低く感じるので座布団を一枚かましています。

 

その座布団を一枚かましている高さが欲しいんですけど、なかなか出会えないんですよね。

 

枕が急に合わなくなる謎

枕

 

決してベストな枕ではなくて、試行錯誤しながら高さや柔らかさを自分で調整しながら使っている枕ですが、そんな日常的に使っている枕も、年に数回突如として合わなくなるという謎があるんです。

 

最近はその時期を脱したので眠れていますが、合わない時期はとりあえず眠れても朝起きたら首回りが痛くて、酷い時は肩こりみたいな症状も現れ、頭痛に悩まされることもあります。

 

合わない枕は体への負担が大きい

人生のおよそ3分の1を睡眠と言われている中において、定期的に襲ってくる謎の枕が合わない問題は決して見過ごすわけにはいかないのです。

 

そんな時は、枕の向きを変えたり一枚かましている座布団を抜いてみたり色々と工夫をするのですが、抜本的な解決には至らず、ただただベストな枕環境を見いだせないまま時間だけが過ぎていきます。

 

当然、朝起きたら首回りは痛いし、背中も痛い何なら全く寝た気がしない…。

 

急に枕が合うようになる

試行錯誤しながらも抜本的な解決策や、新しい枕を購入したわけでもないのに、そんな枕が合わない時期も、数日すれば不思議と痛みや違和感は治まり、今まで通り同じ枕で眠れる状態になるという…。


全く原因が分からず、こんなことを数年も繰り返しています。

スポンサーリンク

  

 

果たして枕はいるのか?

枕に対して悩む僕に対して、奥さんは枕を必要としないタイプなんです。一応、枕はありますが寝相とともに枕から頭が外れ、結局使っていないのが通常。

 

だからと言って不調があるわけでなく、むしろ寝起きは良く不調も一切ないんです。

 

こうも人によって枕の必要性に違いがでるのも不思議ですよね。

 

解決策としては、オーダーメイドの枕を作ることだと思うんですが、やっぱり値段が気になってしまい手が出せません。

 

一番の理想は数日間、もしくは数週間”お試し利用”させてくれる寝具に出会うこと。

 

個人的には枕が合わないと思っているけど、もしかしたらマットレスなどの根本的な問題が原因かもしれないですし。

 

理想の枕

そんな僕の理想の枕は、中学校から社会人になるまで使っていた枕なんです。あのダルダルになってしまったけど、ほどよい固さ。

 

学生時代に一人暮らしをしていた時もその枕を使ってました。どこで買ったかも分からない謎のメーカーだと思うんですが、今思えば最強でした。

 

そんな、最強の枕にもう一度出会ってみたいです。

 

それでは。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村