今日もボチボチやっていこう

コロナの時代に桜を見て『花より団子』を考える

スポンサーリンク

桜の季節です。

 

僕もちょっと見てきましたよ。

今年はと言うよりも去年からですが、当然花見はしてません。コロナのことがあり特に去年は見に行くことすらしませんでした。

 

今年はと言うと特別にどこかへ行ったわけではないんですが、家の近くに桜が咲いている場所があったので散歩ついでに見てきました。

 

綺麗なんですがやっぱり今までのこの季節と違い、人が楽しんでいる雰囲気はないように思いました。

 

f:id:chacha-cat:20210401182124j:plain

 

桜を見ている人と目があうと、小走りにその場を去っていく人がいました。

 

何か悪いことをしているような錯覚に陥りますが、このコロナは空気感染するわけではないので、一人でマスクをして見るのは問題ありません。

 

むしろ周りに人が居なければマスクは外した方が健康的かもしれません。

 

そんな僕も人の視線を感じるような気がして長居はしませんでした。コロナ禍になってから〇〇警察みたいなのが増えた気がしますしね。もしかしたら「桜警察」がその辺を巡回しているかもしれませんし(汗)

 

以前、テレビでアンケートをやってて、桜を見る時にお酒や食べ物がないとつまらないと言っている人が意外に多くびっくりしました。

 

そりゃ、桜の下でシートを広げてワイワイ仲間と楽しむのは最高ですが、絶対に必要かと言えばそうではないような気がします。

 

 『花より団子』調べると「風流より実利を選ぶことのたとえ」と書いてます。

 

僕は今まで、この花より団子と言う言葉を使う時は、この正式な意味合いのように使ったことはありませんでした。

 

単純に「花を見る時に、花を見るより食い気が勝る」と言ったような意味合いで、桜を見ずに食べる方に夢中になっている友人を茶化す時に使っていました。

 

このコロナ禍の時代に、僕が使っていた間違った言い回しも使えないようになった気がします。桜を見る時に以前のような、ワイワイガヤガヤと楽しめなくなってしまいましたから。

 

このコロナはいつまで続くんでしょうかね。

 

きっとワクチンが世界に行き届き、コロナに対する薬ができるまで厳しいんじゃないかなと思ってます。

 

友人と会うことも出来てませんし、ましてや奥さんの実家にも帰れていません。僕が間違って使っていた『花より団子』の意味を使える日はいつになるんでしょう。

 

そんな日がくるのが待ち遠しいです。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
よろしければ読者登録よろしくお願いします。

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村